つるのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 平和について

<<   作成日時 : 2008/08/11 15:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 8月8日に平和学習をしました。
 昨年度から始まり、今年度で2回目です。
 昨年度は、仲間の理解する力に合わせて、
平和について「感じたり」、
「考えたり」しました。
 
 今年は、職員が仲間に、
『広島で何があったか』を
伝えることがテーマでした。

 仲間に伝えるには、
職員がまず『広島で何があったか』を
知らなければなりません。

なので事前に、
@6つのグループに分かれて、インターネットや参考図書などを使用して、
 何があったの かを調べ、
A知ったことを、どのように仲間に伝えていくのか
を、職員同士で話し合って準備を進めました。

 そして、当日。
 グループごとに碑めぐりと作業所内での学習を、
午前・午後に分かれて行いました。

 碑めぐりの場所は平和公園。
 平和祈念式典の2日後だったこともあり、
平和公園にはたくさんの人がいました。
 グループで行動し、
碑の説明や原爆のことを
職員の言葉で仲間に伝えていきました。
 そして、身近なことを例にあげながら
  例えば、
   「お父さんやお母さんが亡くなったらどう思う?」
   「普段の生活が奪われたらどんな気持ち?」など
“命の大切さ”や
“安心して暮らせる生活にするためにはどうしたらよいか”と
いうことも仲間たちと話していきました。
 
 
 作業所内での学習では、
ビデオ、紙芝居、絵本を使って
戦争や原爆のこと、
そして自分・相手を思いやる気持ちの大切さを
伝えていきました。

話をしていく中で仲間たちからは、
 「たくさん人が死ぬけぇ戦争したらいけん。」
 「死んだらお母さんに会えんくなるけぇ死んだらいけんね。死にたくないね。」
 「戦争があるといやな気持ちになる。」
 「平和になることを願うことが大切だと思う。」
 「ケンカをしてるのを見るといやな気持ちになる。ケンカはしちゃいけん。」
などなど、意見がたくさんでました。

 暑い中、平和公園を歩いて、疲れた仲間もいましたが、
怪我などの事故もなく無事に平和学習が終わりました。
 グループでの行動が主だったので、
各グループの意見・感想や、仲間たちの表情などを、
明日の平和学習発表会(報告会)で聞けるといいな〜と思っています。
 
 毎年8月6日が近づくと、
新聞やテレビで原爆の日のことや、
戦争のことをよく目にするようになります。
この時期だけ“平和について”を考えるのではなく、
毎日の生活の中で“命の大切さ”、
“安心して暮らせる生活にするためには?”、
“自分や相手を思いやる気持ちの大切さ”を考えていきたいと、
今回の平和学習を通して思いました。
そして、自分のなかでとどめるのではなく、
自分の考えや思いを周囲の人たちに伝えていくことも必要だ、
と改めて感じました。

画像
原爆の子の像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平和について つるのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる