つるのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 父の背中、そして魂

<<   作成日時 : 2011/12/05 08:19   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は私の父について書きます。
 私の父は高校の社会の教師です。
 今は定年を迎え、再任用で
教師を続けていますが
その姿は現役の頃と比べ、
チカラなき背中になっています。

 母が病気で亡くなったことも
大きいでしょう。
 父は普段は寡黙ですが、
酒を飲むたび生徒との話や、
今の学校の先生の事をよく話します。
 また、休みの日になると
朝から酒を飲んでいます。

 そんな父ですが、
私たち兄弟のために家事をこなし
大学を卒業するまで弁当を
毎日作ってくれました。
 三者懇談には、仕事が忙しいはずなのに
毎回来てくれました。
 いわゆるイクメンの先駆けをいく男です。

 その父は、学校で障害者解放研究部を作り、
公立高校に通う生徒を障害児との交流の場へ
連れて行っています。
 父がある高校にいる時、障害を持つ子どもが
試験を受けられないということがありました。

 父は
「障害を持つ子どもにも
公立学校で教育を受ける権利がある!」と
校長に言ったそうですが、
ダメだったようでした。
本当に悔しそうな背中でした。
 それを聞いて私は、
高校の社会の教師の免許を取るだけでなく、
特別支援学校の教師の免許も取ろうと思いました。

 しかし、いろいろと迷っていた時、
父から
「お前のやりたいことは、
 先生じゃなくてもできるんじゃないんか?」
と言われました。
 今の仕事に就こうと思ったのは、
父に言われた一言があったからです。
 「今の仕事に就いて、父は喜んでいた」
と兄から聞きました。
 少しは父の魂を引き継いだかな?
と思います。

 父の一言のように
「これをやりたい!」と
仲間が自分から思える支援が
できたらなと思いますが、
なかなか難しいですね。。。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
父の背中、そして魂 つるのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる