つるのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 忘れられない日々

<<   作成日時 : 2012/09/03 16:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 大学の卓球部の後輩が今月と11月に結婚します。
 卒業してからもちょくちょく試合の応援に行っていました。
 出会うといつも声をかけてくれる先輩思いの後輩です。
 私は彼らに会うたび、あの時を思い出します。

 時は私が大学3年までさかのぼります。
 私はその時卓球部のキャプテンでした。
 その時に入ってきたのが今年結婚する後輩たちです。
 その後輩たちは入ったときから、
 団体戦レギュラーを獲得するほどの実力でした。
 そこへさらに卓球の名門の高校を出身した二人が入ってきました。

 彼らが入部したことで練習メニューもとても充実し、
全体がレベルアップしたと思います。
 遠征費を稼ぐためにバイトをしながらの練習は
みんな大変だったと思いますが、
中国大会の夏の大会では、
中国学連2部の団体戦優勝を成し遂げました。

 その時の試合は今でも涙が出るほど覚えています。
 大学の団体戦は、6人で6シングル1ダブルを戦います。
 決勝は3対3となり、結果は7戦の後輩に託されました。
 その試合は後輩が、相手のしゃがみこみサーブに
大苦戦していました。
 最終セットになっても、まだ相手のサーブが十分に
攻略できず先に相手がマッチポイントになりました。
 私たちも必死に応援を続けました。
 そして、彼が相手のサーブに対して、
回り込んで打ち込んだ瞬間です。
 それが、相手をかなりビビらせました。
 そのあとも接戦が続きましたが、
最後にはスマッシュを打ち込み勝利を収めました。
 そして、チーム全員で彼を抱きしめました。

 その時に彼が言った
「全員がポイントゲッターなんでしょ。
 主将がいる時までにこの大学を1部に上げてみせます」
という言葉が、とても印象に残っています。
 その翌年、このチームは中国学連1部という、
未知なる世界への扉を開けることに成功しました。
 団体戦でも個人戦でも後ろで一緒に戦っている人を
忘れてはいけません。
 卓球が教えてくれた、
「一人で戦っているようで実はみんなで戦っている」ことを
忘れずに日々を送っていきたいと思っています。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
忘れられない日々 つるのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる